仕事の進め方 Work Process

設計のご依頼をお考えの方へ

住宅の建築を検討中の方へ、私たちが関わる住宅設計における全体の流れをご説明いたします 。ご要望に応じて様々なケースで対応することが出来ますが、なるべく丁寧にご説明をしながら設計を進めたいと思っております。ここでは事前に住宅の設計とはどのような仕事なのかを簡単にですがご説明させていただきます。
tomohisatanaka

完成までのスケジュールについて

1つの住宅を設計からスタートして完成させるまでに必要な期間は、概ね12か月程度必要と考えています。基本計画に1か月、基本設計に1か月、実施設計に2.5か月、見積り調整に1.5か月、工事に6か月程度を目安としております。また、じっくり腰を据えて家づくりを検討したい お客様、急なお引越しやお子様の成長に合わせてもっと早く作りたいお客様、様々なお客様のニーズに答えて、臨機応変に対応したいと考えております。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
基本計画(1か月)
基本設計(1か月)
実施設計(2.5か月)
見積調整(1.5か月)
〈現場監理〉工事(6か月)

1.ご相談/基本計画

まずはメール・お電話でお気軽にご連絡ください。ご要望についてお聞かせいただき、ご予算やスケジュールについてもヒアリングさせていただきます。
設計契約の前に、ご要望に応じて、2週間程度で簡単な基本計画案を模型や図面を用いてご提案させていただきます。短い期間でのご提案になるので、今後ブラシュアップしていく叩き台の案として捉えていますが、ご一緒に検討する上で、ご要望にお応えできるかどうかをご判断していただく期間として考えております。
tomohisatanaka

2. 設計契約/基本設計

設計を進めさせていただく場合は、設計契約を交わし基本設計に進みます。さらにお打合せを重ね、間取りや、開口部の大きさ、天井の高さ、仕上げ、設備の仕様についての計画をまとめていきます。お打合せは2週間に1度程度、模型・図面・参考イメージを用いて設計内容をご説明させていただきます。この期間はとても重要で、この期間を充実させることがよりよい住宅の出来上がりに繋がっていくと考えております。
tomohisatanaka

3. 実施設計

基本設計で住宅の大きな骨格部分の方針が決まると、そこから各部分の詳細設計を行います。建物の正確なお見積りを出す為に詳細図面を作成して、内容のご説明を致します。造作家具や収納棚の詳細図面作成、照明や水廻りの器具選定、建具の取手や郵便受け、表札などの細かい部分までデザインを決めていきます。
tomohisatanaka

4. 工事見積/確認申請

完成した図面を基に施工会社に見積りを依頼します。計画地の所在地、建物規模、木造かRC造かによって、私どもの方で信頼のおける工務店を選定します。出てきた見積りは私共でチェックを行い、数量に間違いはないか、金額は適正か、図面の内容を見落としなく正確に反映されているか確認をします。見積内容の調整を行うと同時に、建築確認申請書類の作成を行い、建築の許可を受けます。
tomohisatanaka

5. 工事契約/着工

調整がまとまったら、お施主様と施工会社との間で工事請負契約を結んで頂きます。私どもも立ち会い契約書面のチェックをさせていただきます。

6. 工事監理

工事の着工から完成まで、設計図通りに正しく工事がなされているか、工程に遅れがなく進んでいるかを現場監理で確認をします。遠方の場合は、工事写真、メールや電話を補足的に活用して円滑に監理を行っております。工事中も細部についてお施主様に確認をしていただき、また工事が進んでいく中で追加や変更のご要望があった場合も調整させていただきます。
tomohisatanaka

7. 竣工/点検

建物の最終検査を行います。最終段階での主な確認事項としては、内装の仕上げが綺麗に仕上がっているか、建具に不具合が生じていないか、設備器具が正常に作動しているかといったような項目がございます。公的な確認検査機関による建物の検査も行われます。施工会社から鍵や保証書等の引き渡し書類を受け取り完成・お引渡しとなります。最後まで私共も立ち会いいたします。
ご入居されてからお気づきになる部分がありましたらご連絡下さい。完成後1年が経過した際には季節を一周しての経過確認の為に施工会社と共に一年点検をさせていただきます。図面、写真、記録等の設計監理書類はこちらで保管し、建物の修繕等にもご対応させていただきます。
tomohisatanaka

建物の工事費に関して

私共で設計する住宅の坪単価の目安は、木造住宅で65万円/坪~をベースに考えています。金額は仕様によって変わり、構造の木材のグレード(強度)、断熱材の仕様、設備機器(床暖房、高効率設備)、内装の仕上(床/壁の仕上)、造作家具の数量によっても異なります。ご要望を伺い、ご予算に合わせて様々な項目をバランス良く調整し、適切な内容に変更することでコストを抑えていく対応ができます。

設計監理料に関して

注文住宅の場合、概ね工事費の10%を目安にさせて頂いております。初めに「基本設計・実施設計」では建物のプランや仕様をA3版約60枚の図面にまとめます。そして注文住宅では特殊な間取りが多いので、全ての住宅で図面とは別に構造計算書を作成します。次に「見積り調整」では設計図をもとに工務店が作成した見積書の工事内容(数量)や金額が適正かどうか査定します。「現場監理」でも多くの詳細図を作成して仕上がり品質を確保するとともに、正しく施工できているか第3者(監理者)として確認を行います。
設計費・工事費以外のその他の諸経費として「地盤調査・測量・建物登記費・植栽・カーテン・家具」の費用が掛かる場合がございますが、ご要望を頂いた際には、適切な業者をご紹介し、内容について調整いたします。