柿の木坂の住宅
House in Kakinokizaka

東京都目黒区  RC造  地下1階/地上2階建て  2015年竣工  施工:辰
Meguro-ku, Tokyo  Reinforced Concrete Structure  1-basement/2-storied house   2015 completed

代々受け継がれた土地に新たに建てた、耐震性の高いコンクリート打ち放しの住宅です。施主は将来の2世代、3世代の同居を視野に、玄関・キッチン・バスルームを大きく一つにし、次の世代にそのまま受け継がれていくような住宅をご要望されました。昔からある大きな松の木を残したいと言う施主のご要望に応え、松を囲うような形で建物を設計しました。建物内に様々な居場所を点在させ、各部屋の大小の開口部を通して、様々な松の表情を楽しんでいただけるようにしました。細かく部屋を間仕切ることはせずに、一家団欒のできる大きなリビングスペースを2つ設け、可動間仕切りや収納棚によって、視線・音や気配に対する距離感に配慮しながら様々なスペースを作っていきました。全ての扉は引き戸で作り、普段は開放することができます。また、以前の住宅で使われていた床の間の長押や応接室の壁の板材、ペンダント照明は新しい家でも重要な部分に再利用し、昔から大切にしていたものを大事にしたいという施主の思いが反映されています。外構の部分でも大谷石を残し、松の木と共に、周辺の街並みに対して馴染むようにしています。そして地下空間は、断熱性・湿度・換気計画をしっかり行い、室温の安定したとても居心地の良い空間になっています。